LayerQ

壺おじさんが生み出した平成最後の怪物『Pogostuck: Rage With Your Friends』

Twitterなどでよく聞く「フォロワー」という言葉はゲームの世界にも存在する。 それは、あるタイトルに強い影響を受けて制作されたゲームのことを指す。たとえば、『ダークソウル』が大ヒットした後には、そのシステムを取り入れたタイトル(『Salt and Sanctuary』や『仁王』など)がいくつも作られている。

『Deep Rock Galactic』は4人のドワーフたちによる命がけの採掘ゲームでした

「適材適所」という言葉があるように、人によって任せるべき仕事はそれぞれだ。カリスマがある人には営業を、楽しいことを思いつく人には広報を任せたいかもしれない。それがドワーフだった場合は、きっと採掘を任せたくなる。背丈は小さくともパワフルなその肉体なら、危険な力仕事でもきっと上手くやってくれる。

音楽と暴力をテーマにした『Thumper』には”電子ドラッグ”という最大の賛美を

“電子ドラッグ”という言葉を聞いたことがあるだろうか?強い中毒性のある音楽や映像を指す言葉だ。これは時にゲームにも使用され、戦略ゲームの金字塔である『Civilization』シリーズも異常な中毒性からそう呼ばれている。そしてまた、今回紹介する『Thumper』も電子ドラッグを冠するに十分なタイトルだ。

首を吊られたアメフト選手を救い出す『Good Archer』―ブッ飛んだ舞台設定だけが気になる

スポーツ観戦、それは実にメジャーな趣味の1つだ。あるチームに思い入れや愛を持ち、ファンになっている人も中には居るだろう。ただ、そんな熱を入れて応援しているチームが大事な試合で惨敗した時、一体どうするだろうか?悲しみに暮れて呆然としてしまう、仲間内で選手の愚痴を言い合う、もしくは、さっさとベッドで眠って忘れようとするかもしれない。